日本の技術で地域の自然を守る

太平電機ECOひいきプロジェクト

〒221-0825 神奈川県横浜市神奈川区反町2-15-6
JR-東神奈川駅から徒歩7分、東急東横線、反町駅から徒歩5分

営業時間
9:00~17:30
定休日
土・日曜・祝日

お気軽にお問合せ・ご相談ください

045-322-5055

地域の自然を守るタオル®

オーガニックコットン草木染タオルハンカチ・今治タオル認定品

「地域の自然を守るタオル」®(登録第6204519号)は野鳥や野生動物を刺繍した、

オーガニック草木染の今治タオルハンカチです

売り上げの内、1枚につき100円がその土地の自然保護のために寄付されます

奄美の生き物シリーズ6種類
(24㎝×24㎝・各900円(税抜)・送料別途・1枚から購入可能)

「地域の自然を守るタオル」第一弾は奄美の野生動物です。アカヒゲ・ルリカケス等の野鳥を中心に、天然記念物で絶滅危惧種のアマミノクロウサギなど奄美で見られる生き物をラインナップしました。奄美大島、徳之島で販売中です!

可愛いパッケージなので、ラッピング不要でプレゼントできます。裏側には各生き物の特徴や現在置かれている状況等が書かれており、動物や環境問題に詳しくない方にも分かりやすいようになっています。

可愛い刺繍にアースカラーがおしゃれだと大好評!2019年3月に奄美市のおみやげやさんで人気NO.1グッズになりました。

奄美大島販売品:アカヒゲ、ルリカケス、オオトラツグミ、リュウキュウアカショウビン、アマミノクロウサギ、アオウミガメ、アカウミガメ(全7種)

徳之島販売品:アカヒゲ、リュウキュウアカショウビン、アマミノクロウサギ、アオウミガメ、アカウミガメ、アマミノクロウサギシロタビ(全6種)

アカヒゲ

スズメ目ツグミ科 

国の天然記念物

奄美大島や徳之島、沖縄などで繁殖しています。全長14㎝ 。

薄暗い森の谷間などに生息しヒーヒヨヒヨヒヨと美しい声でさえずります。

アカヒゲは国の天然記念物に指定されている貴重な野鳥です。縄張りをさえずりながら回りますが、そんなときのすっとした立ち姿を思い起こすデザインとしました。

普通のオーガニックタオルは生成り色が多いのですが、このタオルは特殊な酵素と天然水で丁寧に精錬されているため、オフホワイトになっています。

ルリカケス

スズメ目カラス科 

国の天然記念物

奄美大島や加計呂麻島、請島のみに生息しています。全長38㎝ 。

常緑広葉樹林に生息し人家付近にも現れます。どんぐりなどを食べ貯食することも。ギャーギャーという声で鳴きます。奄美大島で比較的出会いやすい野鳥です。

尾羽の先端に白い帯があり、飛び立って逃げるときにはそこが目立ち、仲間に危険を知らせます。このデザインは尾羽を閉じていますが、尾の先端にわずかに白い模様が見えているところを再現しています。

緑茶で染めた薄緑です。

奄美大島限定品

オオトラツグミ

スズメ目ツグミ科 

国の天然記念物

世界で奄美大島の照葉樹林にのみ生息しています。全長30㎝。

個体数が極めて少ないです。春にキョロンと美しい声で鳴き、その声を元に多くの野鳥ファンの方々で一斉調査が行われています。なかなか姿が見られない野鳥でもあります。

オオトラツグミの刺繍は、黄色と黒の模様もなるべく細かく再現、また目の後ろ側にわずかにある裸出部(羽毛が生えていない部分)を桃色にするなどこだわってみました。

クチナシで染めた水色です。

奄美大島限定品

 

リュウキュウ
アカショウビン

ブッポウソウ目カワセミ科

4月末頃、南西諸島に渡ってくる夏鳥です。水辺で魚やカニ、カエルなどを捕らえて食べます。子育てをしたあと晩夏に東南アジアに帰ります。全長27㎝ 。

真っ赤な姿、そしてキョロロロロロと美しく寂しげなさえずりを聞いてみて下さい。

亜種リュウキュウの特徴である羽の微妙な赤紫色を表現するのに大変苦労しました。光の当たり方によって全く違う色に見えるので、是非明るいところで見てみてください。

栗で染めたシックなベージュです。

アマミノ
クロウサギ

ウサギ目ウサギ科 

国の特別天然記念物

世界で奄美大島と徳之島のみに生息しています。体長約50㎝ 。

耳、足、尾が短く原始的な形をしています。数が少ない上に、交通事故や外来種(マングース、ノイヌ、ノネコ)による捕食で絶滅の恐れがあり、保護活動が行われています。

長めのステッチで毛並みを表現しています。真っ黒なため、どのようにしたら形状が分かりやすく、また可愛らしくできるのか何度もサンプルを作成してようやく出来上がりました。

西洋茜で染めた可愛い薄桃色です。

アマミノクロウサギ
シロタビ

ウサギ目ウサギ科  

国の特別天然記念物

世界で奄美大島、徳之島にのみ生息しているアマミノクロウサギ。そのなかでも足先の白いタイプが徳之島の井之川岳周辺に多く生息していることがわかってきました。体長約50㎝ 。

交通事故やノイヌ、ノネコの捕食で絶滅の恐れがあり、保護活動が行われています。

白足袋タイプはアマミノクロウサギの遺伝子の多様性を示す注目すべき存在です。

やまももで染めた濃い目のグレーです。

徳之島限定品

ウミガメシリーズ2種
(24㎝×24㎝・各900円(税抜)・送料別途・1枚から購入可能)

2019年8月に新シリーズ、アオウミガメ・アカウミガメの2種が発売されました。今までとがらりと雰囲気を変えて夜のイメージのパッケージになりました。

アオウミガメは暗い夜、アカウミガメは明るい月夜のイメージで、月のシールの色も少し変えてあります。年齢・性別を問わずお使い頂ける色とデザインです。

ウミガメの識別ポイントである足跡も刺繍されているので、観察時にお持ち頂くのもおススメですよ!

奄美大島、徳之島、沖縄やんばる地区、西表島で発売中です!

アオウミガメ

カメ目ウミガメ科

国際自然保護連合絶滅危惧種

日本では南西諸島、小笠原に生息し、数十年かかって繁殖できるようになると、砂浜に産卵のために上陸します。

左右対称の足跡が特徴で、それを基に上陸数が調査されています。

砂浜の減少やプラスチックゴミの誤食、人工光などの問題が生息を脅かしていますが、多くの方が保護活動に取り組んでいます。

甲長80~110㎝ 。

アオウミガメは頭の模様で見分けるため、特徴的な模様が見やすいように気を付けました。

ラックで染めた濃い紫色のタオルです。

アカウミガメ

カメ目ウミガメ科 

 国際自然保護連合絶滅危惧種

カリフォルニア沖などで成長し、数十年かかって繁殖できるようになると、南西諸島から本州の砂浜に産卵のために上陸します。

左右交互の足跡が特徴で、それを基に上陸数が調査されています。

砂浜の減少やプラスチックゴミの誤食、人工光などの問題が生息を脅かしていますが、多くの方が保護活動に取り組んでいます。

甲長70~100㎝ 。

アカウミガメの甲羅のごつごつした感じに気を付けてデザインしてもらいました。

※2020年秋頃に水色からやまももで染めたグレーに変更となります

沖縄やんばる地区の生き物シリーズ2種
(24㎝×24㎝・各900円(税抜)・送料別途・1枚から購入可能)

2020年3月に新シリーズ、ヤンバルクイナ・ノグチゲラの2種が発売されました。沖縄のやんばる地区を中心に販売しています。

ヤンバルクイナはアイボリーのシンプルでおしゃれなデザインです。ノグチゲラはアースカラーの落ち着いた色味なので中高年の男性にもおススメです!

沖縄ではこの2種に加え、リュウキュウアカショウビン・アオウミガメ・アカウミガメの全5種を発売中です!

ヤンバルクイナ

ツル目クイナ科 

国の天然記念物

世界で沖縄島北部の森林にのみ生息しています。全長35㎝。

1981年に日本最後の野鳥の新種として登録されました。日本で唯一飛べない野鳥です。

ミミズやカタツムリ、昆虫などを食べます。縄張を主張するためキョキョキョと鳴きます。コールバック法でその声を元に数を調査しています。

マングースやノネコの捕食、交通事故で絶滅の恐れが高く、対策を実施しています。また、飼育下繁殖や試験放鳥が試みられています。

専門科の意見を元に、頭の大きさや足の大きさなど細かい部分まで調整して作りました。

生成りのタオルです。

ノグチゲラ

キツツキ目キツツキ科 

国の特別天然記念物

世界で沖縄島北部の森林にのみ生息しています。全長30㎝。

木の中の幼虫や地上の昆虫、ムカデなとを食べます。縄張を主張するため、木をつついてドロロロロロとドラミングをします。

木に掘った巣穴は、小鳥類、フクロウ類やケナガネズミなどに利用されます。ノグチゲラが増えることは、森の他の生き物の生息や繁殖を助けることにつながります。

外来種マングースの捕食で絶滅の恐れが高く、対策が実施されています。

木の幹に止まっている感じを出すために、茶色の線を細かく調整しました。頭の赤い色にもこだわっています。

緑茶で染めた薄緑のタオルです。

 

西表島の生き物シリーズ3種
(24㎝×24㎝・各900円(税抜)・送料別途・1枚から購入可能)

2020年秋販売開始の新シリーズは西表島!鳥の他にイリオモテヤマネコが登場です!いつもより大きめの刺繍で可愛くも野性的で迫力のあるデザインです。

西表島ではこの3種の他、リュウキュウアカショウビン・アオウミガメ・アカウミガメの全6種が販売中です!

カンムリワシ

タカ目タカ科 

国の特別天然記念物

日本では主に西表島、石垣島に生息し、世界の北限となっています。後頭に冠羽があり名前の由来となっています。 全長約55㎝。

水田や牧草地などを利用し、木などで待ち伏せし、ヘビやカエルなど両生爬虫類、昆虫類などを捕ります。

道路にいる生物を捕ることもあり、交通事故になることが多く、保護活動が行われています。

 

くちなしで染めた水色です。

キンバト

ハト目ハト科 

国の天然記念物

日本では西表島・石垣島・宮古島などに留鳥として分布しています。

全長25㎝で薄暗い林を好み、果実・種子等を食べます。

羽の一部が光沢のある緑色をしており、色合いが非常に美しいです。

「ホッホロロ」と鳴きます。

交通事故やハシブトガラスの増加・バードストライク(ガラス衝突)・原生林の伐採等の影響で個体数が減少しています。

緑茶で染めた薄緑です。

 

イリオモテヤマネコ

ネコ科  

国の特別天然記念物

方言名:「ヤママヤー」 

西表島の森林にのみ生息します。

全長約5060㎝で、目には白い隈取があり耳の先端は丸くなっています。鳥類やクマネズミ、カエル等を捕食します。

保護活動として交通事故防止用のトンネル、飼い猫からの猫エイズ感染防止策の「竹富町ねこ飼養条例」、野良猫を里親に引き渡す「島ねこ里親PROJECT」(どうぶつたちの病院沖縄)などが行われています。

西洋茜で染めたレンガ色です。

刺繍されている生き物が気になる方はこちら!

PDFファイルになっているのでプリントアウトすると旅行や自然観察時の資料にもなりますよ♪奄美や徳之島へ行かれることがあれば是非探してみて下さいね。

オーガニックだからこそ、加工や染めにもこだわっています

繊維が傷んでいないので、何回洗ってもふんわり感が持続します

「地域の自然を守るタオル」はタオル加工の匠と言われている河上工芸所さんに製造をお願いしています。

オーガニックテキスタイルの世界基準であるGOTS基準認証のインド綿を使用。また、加工のプロセスでも、付加機能性化学処理(漂白、染色、柔軟加工など)を行わず製品化されたという事で、日本オーガニックコットン流通機構(NOC)の認定も取得しています!

 

一般的なオーガニックタオルは薬品を使わないため不純物が取り除きにくいのですが、このタオルは食品用酵素と四国山地からの湧き水で何回も精錬して不純物をしっかり除去しています。

通気性、吸水性が良い、お肌に優しいタオルです。日本アトピー協会の推奨品認定も取得しているので、敏感肌の方やお子様にも安心してお使い頂けます。また、精錬の時に糸を傷めないため、30回洗濯してもふんわりした優しい触り心地をキープします。

密度のしっかりした織りなので、型崩れしづらいです。通常この位の密度があるとタオルが固くなるのですが、酵素加工で柔らかく仕上げているので、丈夫さと柔らかさを兼ね備えています。

西洋茜や栗、緑茶等の天然染料を使用しているので、落ち着いた色合いで性別や年齢を問わないデザインになっています。今治ネームタグ付きで高級感があるためギフトにもおススメです。

 

刺繍デザインはイラストレーターや絵本作家として国際的に活躍中の東郷なりささん。野鳥のイラストを得意とする東郷さんのデザインを、更に専門家の方にチェックしてもらっているので、生き物としての特徴をしっかりとらえた上、可愛らしさも兼ね備えた素敵なタオルになっています。

刺繍は丁寧な仕事が得意な工房にお願いしてます。細部や色合いだけでなく、毛並みが分かるような縫い目にもこだわり、何度もサンプル作成しながら細かい調整をして作り上げています。

可愛いけれど可愛すぎない、シンプルでおしゃれなデザインなので鳥が好きな年配の男性にも大好評。老若男女問わずお使い頂ける野鳥グッズです。

 

今治タオルブランドの認定も取得してます。(認定番号 第2018-1189号)

売り上げの内、1枚につき100円がその土地の自然保護のために寄付されます。

今治タオルとは

今治タオルは愛媛県今治市周辺で作られた国内でも有数の高級ブランドタオルです。一般的な基準よりも厳しい吸水性試験を行い、その柔らかさと吸水性で国内外で高い評価を受けています。またホルムアルデヒド含有量も乳幼児用基準値としているため、高い安全性を誇っています。

今治はタオル製造120年以上の歴史を持つ土地ですが、近年安い輸入タオルに押されて厳しい戦いを強いられていました。そこで2007年に今治ブランドを立ち上げて厳しい試験基準を設け、それをクリアした製品のみに「今治タオル」のブランド認定を行いました。

今でも今治にはタオルを織る工場、後加工をする工場など200近くもの工場が存在し、約100社が今治タオルを製造しています。

「地域の自然を守るタオル」はその内の一社、タオルの加工や染めを得意とする河上工芸所さんで作られています。

台紙がメッセージカードに変身!

メッセージを添えて

タオルの台紙の裏は大きく余白を取ってあるので、メッセージカードとしてもお使いいただけます!お世話になったあの人に、ちょっとしたプレゼントに、旅行のお土産に、メッセージを添えて送ってみるのはいかがでしょうか?写真を添えてもよいですね!

郵送で140円です!

タオル1枚がちょうど角型6号封筒(162㎜×229㎜)に入る大きさなので、送料140円でお送り頂けます!お手紙を添えて送るのもおススメです♬定番のタオルハンカチ、旅先からのプチギフトにいかがでしょうか?

※50g以内であれば120円で送れますが、タオルが27gなので、封筒の厚みや手紙などによって重さがぎりぎりなります。分からない場合は140円で送るのが安心です。(2020年4月現在)

お客さまの声

タオルをご購入頂いたお客様からのコメントです!お使い頂きありがとうございます!

手触りが最高!

ルリカケスを購入しました。とても手触りが良くて気に入っています!せっかくのオーガニックタオルなので、他の洗濯物とは別にして、手洗いしながら大事に使っています

刺繍が細かい

とにかく刺繍が細かくて、クロウサギのツメがちゃんとピンクになっていて驚いた。丁寧に作られていると感じた

良い大きさ

折りたたむとスーツのポケットに収まるサイズなので、仕事の時にも重宝しています。

販売について

「地域の自然を守るタオル」は奄美大島・徳之島・沖縄のホテル、雑貨店、お土産物屋などで販売しています。

その土地にいる生き物や自然を守ることをコンセプトにグッズ開発を行っているため、原則としてその土地にいない生き物のタオルは販売しておりません。徳之島では徳之島にいる生き物のタオルのみ、沖縄では沖縄にいる生き物のタオルのみを販売しております。

色々な土地のタオルを取り交ぜてご購入希望される場合は、弊社HPのお問合せフォームよりご連絡下さい。

尚、例外的に何件か関東の飲食店に置いて頂いていますので、そちらも併せてご利用ください!

ふるさと納税「さとふる」「ふるさとチョイス」からもご購入頂けます。


ECOひいきにご協力頂いている皆様

グッズの製造や販売など、ECOひいきプロジェクトにご協力頂いている皆様へのリンク集です。

とても素敵なお店ばかりなので、南の島々へ旅行する際には是非お立ち寄りください!

寄付金記録

ECOひいきプロジェクトでは、グッズの売り上げの一部をその土地の自然保護団体に寄付しています。寄付されたお金は野生動物や環境の保護に使われます。

代表者略歴

このプロジェクトは弊社社長樋口の熱い思いによって生まれました。

日本野鳥の会、タゲリ米プロジェクトなどプライベートでも積極的に野鳥や自然の保護活動をしている社長の略歴をご紹介します。

また奄美大島に旅行される方はマニアックな情報満載のコラムも是非合わせてご覧ください。奄美大島の観光大使を務める樋口がベストシーズンやその時期に見られる渡り鳥、その土地に棲む固有種等、色々なテーマで語ります!鳥の好きな方は特に必見です!

お問合せはこちら