日本の技術で地域の自然を守る

太平電機ECOひいきプロジェクト

〒221-0825 神奈川県横浜市神奈川区反町2-15-6
JR-東神奈川駅から徒歩7分、東急東横線、反町駅から徒歩5分

営業時間
9:00~17:30
定休日
土・日曜・祝日

お気軽にお問合せ・ご相談ください

045-322-5055

お知らせ

地域の自然を守るタオルが
離島で移動販売されます!

 

八重山の離島で、地域の自然を守るタオルの販売地域が増えました。ですが、不定期です。
どうぶつたちの病院西表様が、モバイルクリニック車両で各島に診療に行く際に、弊社タオルを販売いたします。
対象となる島は、鳩間島・竹富島・小浜島・黒島・波照間島、今後与那国島も検討されています。
診療日程は動物たちの病院沖縄のフェイスブックページなどに公開されます。
各島の皆様よろしくお願いします。
タオルの販売1枚あたり100円が弊社から動物たちの病院西表様の活動に寄付となります。

2022年9月9日

JTAさんで機内販売開始です!
(9月・10月)

 

地域の自然を守るタオル®が日本トランスオーシャン航空(JTA)の路線で9月より2か月間販売頂きます。
羽田や関空から沖縄や石垣などの路線です。
今回は以前も販売して頂いた「ヤンバルクイナ・アマミノクロウサギ」に加えて、石垣島・西表島のみ販売の「カンムリワシ」の刺繍のハンドタオルを販売頂きます!「カンムリワシ」のタオルは細かい刺繍が大好評。是非お手に取ってご覧ください!
 
JTA様とは世界自然遺産推進共同体の参画企業として提携し機内販売が実現いたしました。1枚あたり100円を各島の自然保護活動団体に寄付する仕組みです。

2022年9月6日

「地域の自然を守るタオル」が
年間販売数1万枚を達成しました!

地域の自然を守るタオルが年間1万枚の販売を達成しました。

 

多くのお客様、販売店様のご協力で自然保護への寄付が生み出せ感謝申し上げます。
その基本となるタオル製造メーカー様に感謝状を贈呈してまいりました。
 
感謝状は寄付先である13の自然保護団体・個人も連名しています。
今治タオルブランドの検査をクリアしたタオルを、一定の品質で供給し続けてもらっています。また13種類の精緻な刺繍と草木染の細かい対応をしていただいており、タオルの製造があって初めて自然保護団体への寄付が生まれます。
 
これからもパートナーシップを保ちながらよい製品を皆様に供給し続けていきたいと思います。

2022年8月28日

国民宿舎紀州路みなべ
地域の自然を守るタオル販売開始!

「地域の自然を守るタオル」が和歌山での販売を開始しました!

ここは近くにアカウミガメの産卵地があり、地元のみなべウミガメ研究班と日本ウミガメ協議会が上陸、産卵の調査保護活動を実施しています。
 
先日弊社のECOひいきプロジェクトリーダーが調査を見学させていただきました。夜に上陸してくるアカウミガメの体長測定やタグ付け、産卵を調べ、見守っています。ほぼ徹夜の調査は疲労困憊とのこと。これをシーズンの間続けるということで、頭が下がる思いです。
 
昨年の調査 紀伊民放
 
宿の販売店では地域の自然を守るタオルの「アカウミガメ」を販売いただいています。タオルの販売1枚あたり100円を弊社から上記の2つの保護団体に寄付をいたします。保護活動が行われている地域での販売は本州では初です。
 
皆様に支えられ、ここまできました。太平電機ECOひいきプロジェクトは地域の自然保護団体をこれからもさらに応援し、その輪を広げていきます。
 

2022年8月2日

ひらりよ商店
石垣島共同売店で
地域の自然を守るタオル販売開始!

「石垣やいま村」さんに引き続き、ひらりよ商店さん・石垣島共同売店さんでもタオルの販売が始まりました!

 
「ひらりよ商店」さんは沖縄と石垣島の商品にこだわった雑貨屋さん。布物に強く、紅型の美しい生地で作られた雑貨や作家さんのハンドメイドなど素敵な商品がたくさん。紅型体験も行っています。石垣島のお買い物スポット、ユーグレナモールの北側、銀座通りにあります。
 
「石垣島共同売店」さんも沖縄、石垣島、周辺諸島の良いものを集めて販売しているおしゃれな雑貨屋さんです。食品から琉球ガラス、八重山諸島の民芸品まで豊富に取り揃えています。便利なユーグレナモール内にあります。
 
2軒とも近くにあるので、是非セットで回ってみてくださいね!
 
寄付先…カンムリワシリサーチ、たまよせ動物病院、西表ヤマネコクラブ、どうぶつたちの病院西表、黒島研究所
 
 

2022年6月7日

上は「ひらりよ商店」様
左は「石垣島共同売店」様

どちらも素敵に飾って頂き
ありがとうございます!
限定のギフトパッケージも
おススメです!

石垣やいま村で取り扱い開始!

 

この度、石垣島で「地域の自然を守るタオル」を発売開始しました!
「石垣やいま村」さんは、国の有形文化財に登録された赤瓦の古民家のある懐かしさを味わえる施設。
こちらは広大な干潟である「名蔵アンパル」の上流側にあたります。名蔵アンパルの干潟は、ラムサール条約に登録され、西表石垣国立公園のエリアにもなっていて、ここから干潟の上流側にも行ける散策路もあります。
カンムリワシの保護ゲージも設置され、カンムリワシの保護活動に協力されています。
こちらで販売されたタオルの販売枚数1枚あたり100円を弊社から次の八重山の自然保護団体に寄付をいたします。
 
寄付先…カンムリワシリサーチ、たまよせ動物病院、西表ヤマネコクラブ、どうぶつたちの病院西表、黒島研究所
 
素晴らしい陳列と広いスペースを取ってくださり、ありがたいです。石垣島の皆さん、観光で行かれる皆さん、よろしくお願いします!
 
石垣やいま村さんのHPはこちら
 

2022年6月7日

石垣やいま村さん
素敵なPOPやディスプレイを
ありがとうございます!

沖縄のソライルさんで取り扱い開始!

地域の自然を守るタオル®の新しい販売店さんができました。ソライルさんは沖縄島の読谷村にある雑貨・ギフトショップのソライルさん。ここではヤンバルクイナ、ノグチゲラ、リュウキュウアカショウビン、アカウミガメ、アオウミガメの五種類のタオルを販売していただきます。

 

他にもおしゃれな地元雑貨がたくさん!
観光で行かれた際、地元の皆様よろしくお願いします。
 
もちろん、弊社から1枚当たり100円を地元の自然保護団体に寄付をいたします。ヤンバルクイナやウミガメ類などの保護活動に役立てられます。
 

2022年5月24日

とてもおしゃれなお店です

可愛い雑貨もたくさんありますよ!

奄美広報紙
レスキューボックス
プレゼント企画!

奄美市在住の方必見です。

奄美広報紙5月号の「なくそうロードキル!」のコーナーにて、弊社の「どうぶつレスキューボックス」をご紹介頂きました。
また、弊社より「どうぶつレスキューボックス」と「レスキューボックス搭載ステッカー」のセットをプレゼントさせて頂きます。是非ご応募ください!
 
怪我した野生動物の命が少しでも助かるように、また貴重な野生動物を守ろうと思う気持ちが広まっていくと良いなと思います。
 
奄美広報5月号はこちらからご覧いただけます!
 

2022年5月17日

ダイマルさんに感謝状を贈呈しました!

徳之島にあるスーパーのダイマル様が「地域の自然を守るタオル」の販売累計1000枚を達成されましたので感謝状を贈呈しました。

 

販売にご協力いただきありがとうございます!

 
ダイマルさんのHPはこちらです!

 

2022年5月17日

2021年度後期の寄付を行いました

2021年9月~2022年3月の売り上げから、合計\396,500を各自然保護団体に寄付いたしました!寄付金は環境や動物たちの保護、調査などの自然保護活動に使われます。2021年度の寄付金総額は¥883,500となります!

 

皆様にお買い上げいただいたタオルの売り上げが自然保護に繋がります。ご協力いただきありがとうございました!

寄付金の詳細はこちらへ

2022年4月26日

 

レスキューボックスを
ご採用頂きました!

 

どうぶつレスキューボックスを「奄美フォレストポリス様」「鹿児島県大島郡 宇検村様」「鹿児島県奄美市様」「奄美博物館様」「奄美大島信用金庫様」に採用いただきました!
 
レスキューボックスの搭載車両が奄美大島を走っています。個人の皆様にもたくさんご利用いただいており、感謝申し上げます。
 
採用の企業、団体様については、レスキューボックスページ及びリンクページで紹介しています!

2022年4月5日

 

樋口社長のコラム更新!

お待たせしました!樋口社長のECOひいきコラム更新です!

今回のテーマは野生動物の「ロードキル」。だいぶ前から問題になっているのに、まだまだ解決まで遠いという現実があります。

 

ロードキルの現状、レスキューボックスの開発・発売に伴う太平電機の思いを語ります!

「ロードキル」野生動物の交通事故について

2022年3月20日

 

どうぶつレスキューボックス発売

奄美大島でロードキル(動物の交通事故)が発生し続けています。世界自然遺産に登録された島ですが、貴重な野生生物が被害に遭っています。

怪我をした動物を通りかかったドライバーさんが発見した際に、説明書を基に機関に連絡し、保護の指示が出た場合に入れる専用のダンボール箱を開発し、販売いたします。

 

2022年1月23日

 

お問合せはこちら